· 

六角穴付きボルトの使用方法と利点

 

六角穴付きボルトは品質的に安心してご使用いただけるボルトです。種々の頭部形状もあり、用途に応じて選択可能です。

資源の有効利用にも対応し、六角穴付きボルトは「技術集約型のボルト」であり「地球にやさしいボルト」と言えます。今回は六角穴付きボルトの使用方法やその利点についてご説明します。

 

六角穴付きボルトの利点


六角穴付きボルトの利点は大きく4つに分けられます。

①装置や機械のコンパクト化(ダウンサイジング)が可能。

②機器のデザイン性向上。

③限られたスペースヘの適応と作業性の向上。

④高い締付け力。

 

これらの利点の具体例


[例-1]

同一サイズの六角穴付きボルトと六角ボルトがそれぞれ複数並んでいる場合を比べたとき、六角ボルトはソケットレンチのスペースを取る必要があるためボルトとボルトの間を広く取る必要があり、六角穴付きボルトは間隔を開ける必要がないため装置をコンパクト化することが可能になります。コンパクト化ができるとコスト削減にもつながります。

 

[例-2]

六角穴付きボルトと六角ボルトをコーナー部分に使用した場合も、[例-1]で説明したように六角穴付きボルトの方がスペースをコンパクトにでき、その分デザイン的に スマートにできます。

 

[例-3]

六角穴付きボルトはスパナで締付けを行います。予めスパナにボルトをセットした状態でボルト穴に差し込む為、目視出来ない箇所や、入り組んだ場所へ使用する際には他のボルトより便利で、組み付け作業やメンテナンスにも適しています。

 

様々な種類の六角穴付きボルト


六角穴付きボルト類としては様々な頭部形状を持った製品等も製造しております。これらの六角穴付きボルトは、六角穴の特性により締め付け力が高く、コンパクト化も可能です。

●六角穴付き皿ボルト

●六角穴付きボタンボルト

●六角穴付き平ボルト(頭部高さが低いボルト)

●ワッシャ組込み六角穴付きボルト(平ワッシャ組込み)

●ワッシャ組込み六角穴付きボルト(平ワッシャ、スプリングワッシャ組込み)

 

マイクロサイズ六角穴付きボルト


マイクロサイズ六角穴付きボルトとは、M3未満のもののことです。

装置の小型化等のニーズの多様化が進み、それに伴い締付けの信頼性の要望が高まってきました。従来の小ねじでは対応出来なくなっており、強力な締付け力が期待できるマイクロCapが使用され始めました。マイクロCapはこれからのコンパクト化の時代の必要不可欠な製品です。

マイクロCapの使用例をご紹介します。

●宇宙産業機器

●ドローン

●レーシングカー

●通信機器

●コンピュータ

●医療機器

 

以上のように六角穴付きボルトはコンパクト化、コスト削減、デザイン性向上に最適なボルトと言えます。